« この国の子供達の将来を憂う その2 | トップページ | 「靖国神社参拝問題」に見受けられる現状を鑑みる »

2005年10月13日 (木)

この国の進む道筋とは・・・・

郵政民営化関連6法案が衆議院で200票差を以って可決。

このニュース自体は然程の驚きも無かったことと思います。

然しながら、直前に行われた野田聖子衆院議員の記者会見は大きな驚きと特大の失望を与えてくれました・・・。

まさかの判断であり、政治の世界に於いて在ってはならない事であると強く憤っております。

今回、多くの自民党民営化反対派であった方々が賛成票を投じ、多くの有権者の期待を踏み躙り、自らの保身の為に裏切った・・・これだけが事実であり、真実であります。

特に反対派の急先鋒的な存在であった野田氏の記者会見は彼女に投票した多くの有権者を愚弄し、騙し討ちをかけた・・・・。 彼女にどんな言い訳があろうとも許されない厳然たる裏切り行為であり、結局、彼女も「永田町の常識で物を計るセンセイ」で在ったということだと強く憤っております。

国会議員が国民の要請、即ち「民意」で、自分が執ってきた政策を省みて「間違えていたんではないか」と自らの考えと国民の希望との温度差を埋める作業は必要でありましょう。

しかし、今回の野田氏を始めとする衆議員のセンセイ方は、今回の選挙結果が自民党の選挙戦略の奏功、そして「小選挙区比例代表並立制」の弊害であるにも拘らず、採決で賛成にまわる、その理由を事も在ろうか「選挙の結果により反対派の意見は完敗した」と言い、まるで国民の総意で在るかの如く「民意」と言う意味の言葉を引っ張り出してきたのです。

これが選挙民に対する裏切りでなく一体何なのでしょうか・・・。

自民党反対派議員の方々に投票された良識ある有権者の方々は貴方がたが「郵政民営化反対!!」と声高に叫び続けていたから投票したのですよ!

貴方がたに対する期待はそこから生まれていたのに・・・・・。

強権的な手法を執り続ける自民党執行部の圧力に負けたのですか。

同じ自民党の県連の方々やその他の方面にこれ以上迷惑はかけられないと思ったからですか。

ご自分が成し遂げたいことをする為に自民党という巨大政党の手助けが必要だからですか。

しかしどれもこれも、結局は貴方がた自身の「保身」という最大の目的を果たすための口実であり、国民の方を向いて導き出された結論ではありませんね・・・・。

そして貴方がたの犯した罪は限りなく大きい・・・・・。

国民に選挙の結果を間違えた形で認識させ、更には「民意」という言葉を盾にとった・・・。

そしてこの独裁的な政治を行う内閣及び、自民党執行部に屈する形ですり寄った・・・・。そういう悪い前例を作った・・・・。そしてその先にあるものは・・・・。

総議席数の3分の2を超える巨大与党がこのような強権政治を行っている現状に対する認識の甘さ。そしてその恐怖・・・。

今後、おそらく人権擁護法案、憲法改正論議が始まるでしょう。その時になって国民がものを言えない、口を塞がれる事になってもこの方達は一向に構わないのでしょうね。何故ならまた自分や、自分の周りに居る人達に迷惑はかけられないのですから・・・・。   多くの国民が苦しむことになったとしても・・・・・・・・・・。

|

« この国の子供達の将来を憂う その2 | トップページ | 「靖国神社参拝問題」に見受けられる現状を鑑みる »

コメント

のりさん、こんにちは。
コメント有難うございます。
野田氏の評価については私がのりさんと意見を異にする数少ない事柄かと思います。

>地元に反対と言って賛成に回った器用な政治家{某副幹事}よりも彼らは評価したいと{賛否ありますが}私は思っています。

これは間違いありませんね。

>マスコミですが全国5紙は酷いですね確かに・・・東京中心すぎます{シンボウも酷くなった。あんな人ではなかったが。。。よい意味での保守だと思ったが・・・}
>地方紙はそんな事はないですよ。
>ドイツポストの事も失敗と言っていますよ。日経は大成功ですが。。。ですから私はマスコミが熱くなっている時は気をつけています{苦笑}

全く同感です。マスコミの報道は本来、政治の運営を備に監視するものであって賛否両論をしっかりと国民に伝えねばならないと思っています。「公共放送の中立性」というやつです。しかし、このような報道は部分的な物の全体化であって在ってはならないことだと感じています・・・。

投稿: 管理人 | 2005年10月23日 (日) 11時21分

確かに野田さんの甘い見通しは代議士として非難されるべきです。しかしながら彼女は女性総理の近くにいたことは事実でそれをなげうった事は評価すべきと思います。また地元に反対と言って賛成に回った器用な政治家{某副幹事}よりも彼らは評価したいと{賛否ありますが}私は思っています。でマスコミですが全国5紙は酷いですね確かに・・・東京中心すぎます{シンボウも酷くなった。あんな人ではなかったが。。。よい意味での保守だと思ったが・・・}日本経済新聞も本当に内容は効率のみ後株価とバブルの責任どこいったと言いたいくらいですよ。喜八さんのブログにもありましたがマスコミはエリート?の集まりですからね。このマスコミのせいで被害蒙っている人もいるからこそ人権法案という法案も出るのかもしれません。
しかしながら地方紙はそんな事はないですよ。政府もそこまで監視できないのかも{笑}ドイツポストの事も
失敗と言っていますよ。日経は大成功ですが。。。ですから私はマスコミが熱くなっている時は気をつけています{苦笑}

投稿: のり | 2005年10月23日 (日) 10時39分

spiralさん、こんばんは。
何度も申し訳ありません。
どうやら私のパソコン自体に問題があるようなので御意見参考にさせていただきます。
有難うございました。

投稿: 管理人 | 2005年10月18日 (火) 01時39分

spiralです。
またまたコメント書き込みがうまくいかなかったようで、ご迷惑をおかけします。
私も自分で自分のブログに何回か書き込みしてみたのですが、問題なく出来ました。
PCに関しては素人なので、何故田舎の神主さんが書き込みの祭にエラーになるのか分かりません。すいません。
そこで、私が昨日思いついた(もしかして誰でも知ってるかもしれませんが)対策が、コメントを書いて「送信」する前に、そのコメント全文を『コピー』しておくというものです。
そうすれば、送信エラーになっても、すぐにリカバリーできます。参考までに。

P.S. またしても本文と関係ないコメントですが、お許しください

投稿: spiral | 2005年10月17日 (月) 11時17分

のりさん、こんばんは。
コメント有難うございます。
正直、今回の一件に関しては賛否両論あるとは思うのですが、どうしても野田氏の記者会見での言葉が、私個人の意見として許せないのです。
今現在、多くのマスコミが自民党の「大勝」の原因について言及していない面が強いと感じますし、印象として「すり寄った」感が否めないのです。
もう既に法案は可決されているので「民営化在りき」なのは分かるのですが、今朝の読売新聞の朝刊ではドイツポストの話を「民営化の成功例」として取り扱っていたのです。恐らく、世界的に見てドイツポストは「民営化の失敗例」であり、民営化の問題点が多くクローズアップされたものであるにも拘らずです。
そういったマスコミが「自民大勝」と大手を振って報道してる中での彼女の会見だったわけで・・・。長くなりましたが結論として私が問題視しているのは彼女の行動自体というよりも、これ以上国民に対して間違ったイメージを植え付けて欲しくない、ということなのです。選挙前も、選挙中もマスコミも面白おかしく報道するために都合のいいように意見を曲解させる編集を繰り返してきました。そういう餌食になるような、誤解を招くような記者会見をして欲しくなかった・・・。
勿論、彼女の置かれている現状も気の毒に思います。が、それを充分に考慮をしたとしてもです。
私もこの事についてはのりさんに近い見解を持っている部分もあります。
例えば

>修正法案出すのにも与党かそれに準じなければ無理だと思うからです。反対の人がすべて駆逐されてしまうと本当にいろんな意味で危険と思うから
>外には国民新党の人たちがいますから・・・

私も同感に思います。しかし、しかし、・・・です。

>正直者は馬鹿を見るのかもしれませんね。

こんな国にはしたくない・・・。
独裁的な政治、恣意的な解釈をし続けるマスコミ・・・。
そう思うからこそ私は政治家としての彼女の行動が許せません。

投稿: 管理人 | 2005年10月16日 (日) 23時29分

神主さんこんばんは
このことに関しては私野田さんも含めて仕方ないなと思っています。{もちろん平沼さんは評価しますよ。}なぜかと言うと修正法案出すのにも与党かそれに準じなければ無理だと思うからです。反対の人がすべて駆逐されてしまうと本当にいろんな意味で危険と思うからです。法案は2007年からですからね。又外には国民新党の人たちがいますから・・・
それに御主人さんの関係もあるかも知れませんし。。。それにしても、小泉人気の支持には驚きますね。後民主党の肩を持つわけではないけれども岡田さん正直な人だったと思いますよ。選挙の時税金上げると言いましたからね。
{外交や国の考え方は少し違いましたが・・・}結局黙っていたほうが上げるのだが。。。正直者は馬鹿を見るのかもしれませんね。

投稿: のり | 2005年10月15日 (土) 23時06分

喜八さん、こんばんは。
コメント有難うございます。
確かにそう言われてみれば今まであまり「民意」を前面に押し出した国会議員のセンセイ方はいらっしゃいませんね。まぁ都合にいいときだけ引っ張り出されても困り者ですけど・・・。(笑)
私は喜八さんとは少し意見が違いまして「致し方無い」部分はあったとしてもこの事を「仕方ないなぁ」と片付ける事が出来ないのです・・・。色々なしがらみはおありでしょうが彼女が「代議士」である以上は・・・。と思ってしまうのです。
確かに野田女史のお母さんがクドクド言っているような姿は想像しますが(笑)。

投稿: 管理人 | 2005年10月15日 (土) 22時35分

田舎の神主さん、こんにちは。

「民意」というのは国会議員のセンセーがたにとっては大変に便利な言葉なのですね。
それにしては、いままで「民意」と口にするセンセーはあまりいなかったような気もするのですが・・・。

野田聖子さんの行動にはガッカリしましたが、「しかたないなあ」とも思っています。
半狂乱になった野田さんのお母さんが「ここのところは小泉さんに侘びをいれて、クドクドクド・・・」というような光景をつい想像してしまうからかもしれません(笑)。

投稿: 喜八 | 2005年10月15日 (土) 12時04分

spiralさん、こんばんは。
わざわざ有難うございます。
どうも、諦めの悪い性格のようでしつこくコメントしてしまいました。(笑)

投稿: 管理人 | 2005年10月14日 (金) 01時02分

spiraiです。
どうやらコメント投稿がうまくいかなかったそうで、お手数かけてすいません。
実は今朝、拙ブログのテンプレートを変えてみたのです。見た目は殆ど変わりないのですが、動作が安定するとの説明があったもので。
田舎の神主さんのお話だと、どうやらそうでもないようなので元に戻しました。今度は大丈夫だと思います。

ブログ等にコメントする時に、時々うまくいかなくてがっくりすることがありますよね。私はそういう場合コメントするのを諦めることが多いので、それにもめげず誠実なコメントを書いて下さった田舎の神主さんには感謝しています。
ありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

P.S. ブログの内容と関係ない話ですいません。

投稿: spiral | 2005年10月14日 (金) 00時25分

ichiroさん、こんばんは。
コメント有難うございます。
民主党の対案については言葉もありませんでしたね。現状とはあまりにもかけ離れすぎていました。野党第1党がこれでは・・・という失望感を与えられました。
野田女史の一件については本当に開いた口が塞がらない、といった感じです。
政治家として最もしてはならないことであり、民主主義の原理からしてあってはならない事実であると思いますね。この方はこの国がファシズムに向いていっても良いのでしょうか・・・。非常に恐ろしいことです・・・。

投稿: 管理人 | 2005年10月14日 (金) 00時09分

野田聖子も原理から逸脱した政治行動をとりました。しかし、民主党は、自民党よりも馬鹿げた法案を提出しました。この法案は、郵便局をより早く、解体しようとするものです。もちろん、否決されましたが・・・。

投稿: ichiro | 2005年10月13日 (木) 23時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この国の進む道筋とは・・・・:

» 共謀罪 [JN2FSE]
共謀罪が成立しそうな勢いです。というか,これだけ与党に与えてしまったので,これま [続きを読む]

受信: 2005年10月13日 (木) 23時31分

» 郵政法案可決・・造反議員の豹変ぶり [DI★ction★ARY]
衆院選投票日からちょうど1ヶ月の10月11日午後、郵政法案が可決された。前回は5票差だったが今回は200票を超える大差で成立。造反無所属議員12人のうち、11人が信念を貫くことができず、賛成に回った。平沼赳夫氏のみ、反対票を投じた。がっかりだ・・・郵政法案が通ったこと...... [続きを読む]

受信: 2005年10月14日 (金) 21時54分

» 平沼赳夫先生は立派です! [新・へっぽこ時事放談]
(産経WEBより引用) 郵政法案 200票差で衆院通過 無所属反対派 処分待ち苦渋の賛成 平沼氏は姿勢変えず 政府が今国会に再提出した郵政民営化関連法案は十一日午後の [続きを読む]

受信: 2005年10月16日 (日) 21時52分

« この国の子供達の将来を憂う その2 | トップページ | 「靖国神社参拝問題」に見受けられる現状を鑑みる »