« 私の思う作法 | トップページ | 「不苦」があってこそ人生 その1 »

2006年1月31日 (火)

「感謝」と「報恩」

昨年、中学1年生の少年が母親を殴り殺したというニュースが飛び込んできました。

殴った理由は「小学6年生だった昨年から、勉強するようしつこく言われ母親に暴力をふるうようになった」との事・・・。

昨年6月にあった15歳少年による両親の殺害事件。

それもまた「父親に馬鹿にされた」という理由で両親を殺し、自宅に時限爆弾のような装置を仕掛け隠滅を図ったとの事でした・・・。

いつの頃からでしょう・・・子供達はこんなに簡単にも人に、しかも自分を産み、育ててくれた親に対して手を上げたり、或いは殺してしまったり、そのような重大犯罪が多発するようになってしまったのでしょうか・・・。

それと並行して「親」の子供に対する虐待も後を絶ちません・・・。

親が子供を「餓死」させたり、マンションの高層階から放り投げたり、或いはもっと直接的な「暴力」的な手段での虐待であったり・・・。

この国に於いて「親子の絆」というのは何処まで薄らいでしまったのでしょうか・・・。

親子ばかりではありません。

年末には小学校1年生の少女が連れ去られ殺害されるという事件も起きました。

また、直接人の命を奪うわけではないが一連のマンションの建築計算書の耐震強度偽装事件など人命を軽視するような事件が後を絶ちません・・・。

さらには、今現在マスコミを騒がせているライブドアの問題やそれにまつわる自民党執行部の対応の在り方など、人が人としての道を踏み違えていると思われるような出来事も多く見聞します。

何故、このような状況に陥ってしまったのでしょうか・・・。

常識的に考えて、人は他人に親切にしてもらえば、有難いと思って感謝し、その人のために何かをしなければならないという感覚を持つものだと思うのです。

こういう義務感の発露というのは、人間として自然な感情だと思います。

ところが、現代では義務感を発露させる「感謝や恩義」を感じなくなり、「されて当たり前」「奪えるものは何でも奪え」というような感覚に陥ってしまっているように思えるのです。

成人式で騒ぐ若者はこの典型でしょう。

行政に庇護され、教育を受けさせてもらい、安全で快適な暮らしを享受しながら、その恩義をまったく感じることができず、その恩恵を授けてくれた存在に対して無礼きわまる態度をとっているのですから・・・。

暴れて物を壊したり、大酒を喰らい、人を殴ったりするのが人間の道とは到底考えることは出来ません・・・。

それを平然としていて「若気の至り」などと気がつくときはもう遅いかも知れないのです。

人生は長いようで短いものだと思うのです。

『いろはにほへと ちりぬるお わかよたれそ つねならむ うひのをくやま けふこえて あさきゆめみし ゑゐもせすん』

むかし、小学校で現在の「五十音」を覚えるために使われた言葉です。

これはただ単に「語呂合わせ」で使われただけでなく、人生の「儚さ」を詠み込んでいるのだそうです。

『色は匂えど 散りぬるお 我が世足れぞ 常ならむ』

『花は咲き乱れ色香が漂う。人はその色香に惑わされてしまうものだ。しかしその花もいつかは散りゆく。それはこの世の平生の出来事なのだ。』

『有為の奥山 今日超えて』

『深く険しい山道を越えるように、様々な艱難辛苦を何とか乗り越えて今日まで来たけれども、』

『浅き夢見し ゑゐもせずうん』

『それはまるで浅い夢のようだった・・・。それに気が付いたときにはもう、自分の人生はお仕舞いになっていた・・・。』

という心を詠み込んでいるのだそうです・・・。

人間が人間である限りは人の道も変わるものではないと思います。

人は幸福を願わない者は居ないでしょうし、災難を喜ぶ者は居ないでしょう。

幸福は「感謝の心」からその感謝の事柄に対し「報恩の念」で応えることによって生れるものだと思うのです。

私達人間は、喜びと感謝に満ち、それに対する報恩に因って充実した真実のある一日を生きるべきだと思うのです。(師匠の受け売りですが・・・(^^;))

私の好きな言葉で「先人が木を植え、後人はその木陰で憩う」というのがあります。

ここに登場する先人と後人はたまたま同時代に生まれ落ちることはありませんが、この両者の間に会話はしっかりと成立しているのです。

先人は後人がここで憩うであろうことを期待し、自己の生が時を超えることをその木に託すのです。

そして後人は先人に感謝するのです。『有難いと・・・。

「人の生なんて所詮はちっぽけなもんだ。でも、俺の行為が後に続く人々のためになるのならば、それはそれで価値ある一生だったというべきなんだろうな」との先人の想いが一本の木に託され、その想いがわかるからこそ後世の者は感謝を抱くと共に感慨に耽るのです。

「俺は後世の者に何を残せるだろうか」と。

以前に書いたエントリに引用させていただいた先生のお言葉をまた引用させていただきますが、

『古人は『積善の家に余慶あり』と教えている。世の中が真暗闇見えるのは、即ち己の心が暗い行為に過ぎない。人は心掛け次第で如何にも立派に成れるものである。』

つまり、「善い行いを重ねる人物の家には余りある慶びがある」という意味であり、人の道に沿った暮らしを営み、どんな世の中でも明るく過ごすことが重要であり、日々、「感謝」を重ねていれば自然と「報恩」の念が生まれ、そこから慶びが現れてくるのだと思うのです。

『本来、人は神の分身なるが故、駄目な人間はこの世に一人も居ない筈である。「資本が無い」「若い」「学問が無い」から駄目な人間であるとは決められない。駄目な人間とは、行う以前に「俺は出来ない」「俺は駄目だ」と自分で決め付けていてやろうとしないだけのものである。

「やれば出来る」

この信念を持つことである。苦を越え、焦りを押えて一つの事を成し遂げた時の歓喜、自己が自己に克つ体得が大きく人の一生を支配し、最終の美を飾れるのである。反省は過去の失敗や過ちに心を腐らせ胸を痛めつけることでなく、失敗や過ちを自心の養いとすべきである。』

そんな心構え、気構えを持って過ごすことが出来れば自己の過剰な欲求を発散する行為、即ち、冒頭で述べたような事件が起こることはないのではないか、と思うのです。

そして今度は後世を生きる者達の為に、先人としてそういった「心構え」や「気構え」を語り継ぎ、この国のそんな美風を「良い木」として残していくことが我々に課された使命であり、人としての務めではないか、偉そうですがそんな風に思う、今日この頃です。

|

« 私の思う作法 | トップページ | 「不苦」があってこそ人生 その1 »

コメント

mergeさん、こんにちは。
コメント有難う御座います。
お褒め戴けて恐縮です。
「もののあはれ」の精神性ですか。
素晴らしいですよね。
本居宣長先生の著書と古事記にまた目を通してみようと思います。
TBも有難う御座います。
最近なかなか忙しくさせて戴いておりまして、ブログのチェックだけでなく皆様方のブログも拝見しておりません。(反省)
読ませて頂きます。

投稿: 管理人 | 2006年2月 7日 (火) 13時57分

かついちさん、こんにちは。
私の駄文にレスポンス恐縮です。
またご自身の貴重なお話を有難う御座います。

>やはり家族は最低限の社会であり、家族がしっかりしなければ、国を発展させていく原動力にはなれませんから、「教育の根本は家庭にあり」、これはどの方も肝に銘じて日々の生活を豊かにしていきたいものですね。

私も全く同様に思います。
前述の総理の進退についてはご自身の責任で判断されるべきと思います。しかし、皇統の問題についてはしっかりと地に足をつけた議論を個人的には望んでおります。
国家の歴史、伝統を簡単に断絶させてはなりませんし、それを助長するような短絡的な法案を通してはならないとも思います。
こういう事を家庭を通じしっかりと国民一人一人が認識せねばならないと思っております。
そうしてこそ日々の豊かな生活と安息が望めるのではないかと思います。

投稿: 管理人 | 2006年2月 7日 (火) 13時52分

喜八さん、こんにちは。
コメント有難う御座います。
レスポンス遅れまして失礼致しました。

>ほんの少しだけでも世の中に貢献したいものだと思っています。

同感です。人、一人の力など微々たるものですが自分自身の証として何か、貢献して後世に良いものを残したいものですね。

>他人から見たらどれほど荒唐無稽に見えようとも「~したい」と思う限りは実現の可能性はあるのだとか。
というわけで私も世界を(少しだけ)良いものにしようと思っています。

そうですよね。
私もそんな気持ちを大切にしたいものです。
僅かな力でも世の中を良くできるように貢献していきたいです。

投稿: 管理人 | 2006年2月 7日 (火) 13時44分

素晴らしい記事ありがとうございます。

「もののあわれ」という言葉が浮かびました。日本人は本来このような切ないけれども美しい世界観を大切にしてきた民族なのだと思います。

広辞苑に書いてありますが、「もの」という対象客観と「あはれ」という感情主観を調和させて、優美・繊細・沈静などの情緒を、祖先は日本の根幹のひとつに置いてくれたのだと思います。それが失われようとしているのは本当に残念です。このような美しさがわからない、教えてもらっていないから、子供たちは人の痛みがわからなくなっているのではないかと思います。他者に寄り添う心とこの気持は一致しているのですから。

『古事記』を30年もかけて後世のために研究してくださった本居宣長大先生が『源氏物語』を通して指摘したこの『もののあわれ』を、絶対失ってはいけませんね。

また『古事記』が読みたくなりました。

投稿: Merge | 2006年2月 6日 (月) 14時08分

おはようございます。
現在の国の混乱のもとはやはりあの戦争を境にして、自国の歴史でありながら我が国が戦争をしかけたという歴史を含めそれ以前の古き良き伝統を持った歴史そのものも「悪」であると決めつけてしまった歴史の「精神的断絶」があったからだと思わないではいられません。
そういう意味で、今般の皇室典範改正案は、国家の歴史そのものの断絶を決定的にする法案だと思うので、なんとしてでも総理の強行を退けなければいけないと思います。
話が脱線しましたが、やはり良くも悪くもこれが我が国が歩んできた歴史だということを、国民一人一人が理解し許容して誇りを持てるようになれたらと願わずにはいられません。
私の家でも、父亡き後の一時期、大黒柱を失って一族がバラバラになるのではと、危機感を持ったことがあります。でも、私は長男であり、この一家は自分が守らなければと自覚を持ち始めたのも同時期でしたので、今一家はとてもバランスよくまとまってると誇りに思います。やはり家族は最低限の社会であり、家族がしっかりしなければ、国を発展させていく原動力にはなれませんから、「教育の根本は家庭にあり」、これはどの方も肝に銘じて日々の生活を豊かにしていきたいものですね。

投稿: かついち | 2006年2月 2日 (木) 08時20分

田舎の神主さん、こんにちは。

> 「俺は後世の者に何を残せるだろうか」

おなじことを最近よく考えます。
トシのせいか、子供がいないせいか・・・。
もとよりワタシなどは非力なものですから、たいしたことはできないかもしれませんが、ほんの少しだけでも世の中に貢献したいものだと思っています。

> 「やれば出来る」

人間は絶対にできないことは思いもしないそうです。
たとえば100m を9秒台で走ろうとは普通の人は夢にも思いません。
他人から見たらどれほど荒唐無稽に見えようとも「~したい」と思う限りは実現の可能性はあるのだとか。
というわけで私も世界を(少しだけ)良いものにしようと思っています。

投稿: 喜八 | 2006年2月 2日 (木) 05時17分

spiralさん、こんばんは。
コメント有難う御座います。
仰るとおりだと思います。
抑も、私の書く記事も当たり前ですがほとんどが諸先輩方の受け売りです。
それを私なりに感じたことや意見を織り交ぜながら書いています。
こういったことが恐らく、「伝統や文化を受け継ぐ」ということに繋がっていくのではなかろうか、と思っています。

>過去に学び、先人の思いを知り、進むべき道、生き方ををしっかりと見定めて歩いていくことが肝要ですね。 

全く同感です。そしてそれを今の子供達に語り継いでいかねばならないと痛切に感じます。

投稿: 管理人 | 2006年2月 2日 (木) 00時14分

かついちさん、こんばんは。
コメント有難う御座います。
ほぼ、同感です。
ただ、「教育が悪い」というのも歴史認識を曲解したことから始まるのかも知れません・・・。
「教育の根本は家庭から」であると私は常々思います。
私は古き良き伝統や心を放棄していませんし、これからも棄てる気はありません。勿論、子供達にも正しく理解していってもらいたいとも思います。
今は国、民族としての「在り方」が問われていると感じます。我々が今の政府の歩調に合わせるのではなく、我々国民が国を築きあげていくのです。
その為の教育はやはり「家庭から」であると思います。
先日のかついちさんからお聞かせ頂いたお話でも思いましたが、「親」がしっかりすれば「子供」はその背中を見て育つものだと思うのです。
ある時の歴史が間違いであったかどうかは正直分かりません。
ただ、道に迷ったときは歴史に学ぶべきだと思うのです。
これがまさしく、「温故知新」であると思います。
今まで辿った軌跡があるから今があり、そして未来もあると思います。そしてこれからを生きていく者達は先人に学び、それを活かしながら「これから」を歩んでいくべきだと思っています。
私たちが「マイナス」ではない方向に導ける様に努力しなければならないと考えています。頑張りましょう!
長文乱筆にて失礼致しました。

投稿: 管理人 | 2006年2月 2日 (木) 00時05分

milestaさん、こんばんは。
コメント有難う御座います。
お褒めいただいて恐縮です。
そうですね。普段、近所の学校(小、中、高と構わずご依頼頂いたところには行くようにしています)や総代会の集まりや講話会の時はこのような話が多いです。
ただ、なるべく多くの方にたくさんの先生方のお話を聞いて頂きたいとは思うのですが、残念なことにその手段は少ないのです。
お坊さんの様に法事などでお話しさせて頂く事もあまりありませんし・・・。
そういった意味で「ブログ」というツールは非常に「有難いなぁ」と感じています。
これからもいろんな先生方の御講話を紹介できたらいいなぁと思っております。

投稿: 管理人 | 2006年2月 1日 (水) 23時41分

煬帝さん、はじめまして、こんばんは。
コメント有難うございます。
短文で鋭いご指摘有難うございます。
私も同様に思います。美しいもの、ことにふれる機会を多く持つこと、そして古き良き伝統を正しく認識することが人格形成していく中で重要なことではないかと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 管理人 | 2006年2月 1日 (水) 23時33分

こんばんは、spiralです。
現在の日本人の心の荒廃は酷いものです。その中で、こうして素晴らしい教えを書いてくださる田舎の神主さんのブログは貴重だと思います。
田舎の神主さんの言われる、先人との縦軸の命の繋がりというものを、今を生きる人々は失くしてしまっているのでしょう。
私は今こそ、過去(歴史)に学ぶべきだと思っています。日本は国家としては世界一長い歴史を有しており、その中で培われた伝統文化の中に、田舎の神主さんが言われるような、「生き方」が示されています。
過去に学び、先人の思いを知り、進むべき道、生き方ををしっかりと見定めて歩いていくことが肝要ですね。     

投稿: spiral | 2006年2月 1日 (水) 19時17分

神主さん、皆様、こんばんわ。
神主さんのおっしゃるとおり、行政やさまざまな恩恵を受けて当たり前、奪えるものは奪ってしまえ、という人間として非道徳的な行為に走らせるのは、異常としかいいようがありません。常識的に考えて、してもらって恩を感じたり、感謝をしたりというのは人間として当たり前の、ごく自然なものであるはずなのに、現在の若者はある意味人為的にそういったマイナスの方向に「誘導させられている」のではないのかと思います。その端的なものが昨今起きているさまざまな事件に見いだすことが出来ると思います。
最近私も何かにつけて「教育が悪い」と口癖のように出てくるようになりましたが、やっぱり古き良き日本の伝統・心を、ある日を境にして日本人が放棄してしまったことが、すべての誤りだったような気がしてなりません。

投稿: かついち | 2006年2月 1日 (水) 18時34分

神主さん、すばらしい記事ですね!
普段このようなことを講演されているんですか?

これを拝見して、つくづく日本の学校でも宗教教育を行って欲しいと感じました。学校の先生に人生訓や生きる知恵を教える技術がないなら、神主さんのような宗教家(神道に限らず)をお招きして、学校で講演して頂きたいです。

お坊さんのお話は法事などの際に聞く機会がありますが、神主さんのお話というのはあまり聞いたことがなく、このブログはとても有り難いです。

投稿: milesta | 2006年2月 1日 (水) 08時44分

小さな頃からいいもの、美しいものにちゃんと触れさせてないのも人格の劣化の原因の一つでは、とも思います。

投稿: 煬帝 | 2006年2月 1日 (水) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/8444071

この記事へのトラックバック一覧です: 「感謝」と「報恩」:

» 「一を聞いて十を知る」part2 ~フランス革命�~ [Merge Voices]
~フランス革命�~の続きです。 §おさらいです。読み飛ばしても差し支えありません。 1789年フランス市民革命勃発 フランスの三色旗が象徴するようにフランスの王からフランス人の王となったルイ16世 革命を認めないと意地を張って見せたものの「旧制度の死亡証明書」..... [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 13時58分

» 誰にとっても正しいこと [晴耕雨読]
ウィルバーコスモロジー 世界は、コスモスは、物でも心でもなく、ホロンからなっている。 世界がホロンの階層から成り立っていることは世界にはレベルの高い、低い、深い、浅いがあることを意味する。宇宙には少なくとも物質、生命、心という3つのレベルがある。あとのものが、前のものを「含んで超える」という形で進化している。 そのレベルの高さが、深さが「意味」である。 すなわち、宇宙には意味がある、あるいは宇宙は意味を生み出す方向に進化してきており、さらにより深い意味を生み出すべく進化し続けている。 一言でい... [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 18時02分

» 皇位継承 古代における女性の尊さ [びーちぇの「ヲシテのクニ」]
今のように世の中が混乱して、何が一番大事な守るべきものかを問うときには、やはり [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 14時31分

» 『私の皇室教育論』 [新・へっぽこ時事放談]
前回、「皇室を守ろう岡山県民大会」について書きましたが、今回はその集会で行われた大津寄章三(おおつき・しょうぞう)氏の講演内容を記します。少し長い文章ですが、読んで下され [続きを読む]

受信: 2006年3月30日 (木) 18時50分

« 私の思う作法 | トップページ | 「不苦」があってこそ人生 その1 »