« 「不苦」があってこそ人生 その2 | トップページ | 善心で前進 »

2006年2月25日 (土)

東西南空

最近は公私ともに大変忙しく、なかなか時間がとれません。

ブログも更新したいなあと常々思っているのですがなかなか出来ませんでした。

今回もうちの以前、発行した会報の原稿をそのまま載せさせて戴きます。

東西南空

人間の心と生活には、外見からは一寸見えないところに「汚い」ものを何となく隠そうとする習性の共通が見られます。

人に見せまいとし、見られまいとする「キタナイ」ところを日光にさらして浄化しなければ、いつまでもさっぱりとは致しません。

見えない処を「キレイ」にすることは申すまでもありませんが、清潔にして置ける平常の心掛けと気の付いた時にその場で処理する習慣が最も大切であります。

足の踏み入れる処もない状態では、どうにもならぬにも拘わらず、それに又加えて棄てに来る不道徳者も居ると、益々不潔になるばかりで・・・・・お互いが今少し注意すれば、と思うのです。

それに増しても人の慾心(よくしん)ほど穢(きたな)いものはなく、人の心ほど穢れ易いものはない。

金銭上、物質上、肉体的、名誉地位、権力、趣味興味など、数え上げれば枚挙に暇がない。

家庭の秩序や整頓や交際上の心組みにも不潔さがあります。

お互いに独り独りが努力する道徳心が起こらなければ、家庭も社会も浄(きよ)まらず和やかさも円満もない。 尽くし合う、譲り合う事が美しい人情でありましょう。

清々しい心に依って、古き慣習や伝統などの教えに基づき身体を浄め、汚れを浄め、又汚れては浄めてゆけば少しずつ向上する。 独り独りの精神が社会を明美にするのであります。

自分から行為や人情を総てのものに対して心すべき一人一人が多くなり、大勢となったその時、理想の世の中が出現するものと信じます。

神は先ず、人間に祓いを示し給うことを忘れてはならぬ。

健康上に、人情においても然り。

その本性(ほんせい)を一人残らず授けられて居る。 そしてその本性が現れた時、その人が持つ本能が大きな力となり、働きとなって特徴を現す。 その特徴を惜しまず行使したことが、そのもののあらゆる徳光(とくこう)となり益となり、実績を重ねて一切が備わり、その立場は明るくなり範(はん)となります。

茲に安住の道は拓けて潔(きらび)やかな、正しく、楽しく、実に麗しい道徳が展開されて人心は自ずと鎮まりて、不満も不平もなく、報恩感謝の扶(たす)け合い、信じ合い、譲り合う自然さが、健康を延長して自業(じぎょう)に励む処には邪心は更になく、従って悪や汚れもなく、表裏一体で毎日が楽しくて不自由知らず。 感謝が次々に来たりて全てが結構づくめとなります。

東西南空・・・・・北(汚)ない空(から)ふくの神、とせよ。

以前に書いたものですが、マスコミの現状を眺めていて何となく思い出したので書いてみました。

|

« 「不苦」があってこそ人生 その2 | トップページ | 善心で前進 »

コメント

のりさん、こんばんは。
コメント有難う御座います。
早速、ブログの方にお邪魔してきました。
今後の記事を楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 管理人 | 2006年2月26日 (日) 23時00分

私も田舎の神主さんを見習ってブログを始める事にしました
またいろいろご指導お願いします

投稿: のり | 2006年2月25日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/8827598

この記事へのトラックバック一覧です: 東西南空:

» 放送されなかった荒川選手の日の丸スケーティング [新・へっぽこ時事放談]
更新が滞ってしまってすいません。現在風邪をひいてダウンしております。先週、定期健診で病院へ行ったのですが、その翌日からダウンしたので、どうやら病院で風邪の菌をもらったよう [続きを読む]

受信: 2006年2月28日 (火) 11時38分

» 新梢(しんしょう) [Merge Voices]
花咲かす あたたかい風 青い空 いにしえ学び 心に夢を [続きを読む]

受信: 2006年3月 6日 (月) 14時43分

« 「不苦」があってこそ人生 その2 | トップページ | 善心で前進 »