« 伊勢参拝  ~その3~ | トップページ | 現代の人格者 »

2006年5月30日 (火)

生き甲斐のある人生 しょうがない人生

百花爛漫に咲き競い春を彩った四月の花。
その花々が終わりを告げると、つよい晩春の日差しに燃える「つつじ」が山野に全盛と咲き誇る。
天地が若葉に包まれて香り豊かな茶摘み時となる。
『夏も近づく八十八夜』と歌われる八十八夜は初夏の季節感をふりまく。
卯の花の垣根に匂うて『矢車に 潮風つよき 幟かな』 皐月の空に悠然と泳ぐ鯉、五月の風が一番美味しいと謂う。
雄大な心境が沸き立ち、自ずと勝己(正気)みなぎる。

この絶好機、人間(かみのこ)互いに、この大気を吸養し、日々の成長を目指して伸び、栄え、太らせて頂ける。
真行の道を陽々とし暢々(のびのび)と直(ひた)すらに精進したいものである。

人間誰しも、本性は幸福で在りたいと考える。いくらかでも根性のある人なら、人の中で優れた者で在りたいとも思う。それは決して威張りたい為でも出世したい為でもない。
人間として生まれて、人間のクズになることは悲しく、多くの人から尊重される人に成りたいと希(ねが)うのが人情であり、当然であるが故に何人も持って生まれている無上に尊い本性を充分に発起(はっき)する為の努力が大切である。

誰が言い出したかは知らぬが「人間一人の生命は地球より重い」と云う。
この言葉が権威を持つのは、それが生命の本性が持つ偉大さに触れているからであり、そうして大抵の人はこの言葉を聞いた瞬間に、自分の生命にかけがえがないことを考えて「尤もだ」と同感するのであろう。
人権尊重という言葉もここから生じたものであると云えるのではなかろうか。

然し、此の世の人が全部が真に生命の偉大性を知っている訳では無いようである。
一体人間は、何の為に此の世に生きているのであろうか、人間にとって本当の生き甲斐とは何であろうか、もっとはっきり云えば人生の目的は何であろうか・・・。
今の知識人と云われる人ほど、このような大事な問題を忘れているのではなかろうか?
特に今の世に時めいている政治家、教育者、大きな企業の幹部と云われる人達、さらに進んで云えば、世の多くの親達の中にも、この大事な問題を忘れている人が多いのではないかと思われる。
こうして人間の問題を忘れてしまった今の世では、多くの人々は何をすることが人生の目的に叶うのやら、何が善いことであり、何が悪いことであるのやら、方向も目的も解らぬままに、無暗に忙しく落ち着けぬイライラした気持ちで何かに追われて生きているだけのことである。いや、そのように無意味に生き、そして無意味に死んでいく、ただそれだけのことである・・・そうとも思える。この世の中には・・・

生がない人・・・生き乍らも死人の如きもの
正がない人・・・正しくないもの
精がない人・・・精根なし、怠け者
賞がない人・・・尚も、甲斐なき者
祥がない人・・・喜び事なきもの

などと、使用(しょう)・・・の・・・ない人もいる。

そのような人が友達に金を借りた。約束の日が来たので「返してくれ。」と催促された。
するとその人は「も、もう少し待ってくれ、必ず返す。」という言葉だけ返してくる。
何ヶ月か経ってまた返却を求めた。言を左右にして返さない。貸した人はしきりに催促するようになった。然し、借りている男は蔭で貸している男を罵って「あの野郎はたった五,六万の金でネチネチしつこくつきまとうなんて・・・本当にケチなやつだぜ」と・・・。

では、たったそれだけの金を返そうとしない自分はどうなのだと云いたい。
こういう理屈にならぬ理屈を捏ねることを恥としない人が、此の世にはウヨウヨ居る。
「友達」とは「友」に「達する」ことであり、人にとっては大切な存在である。
だが、時として茲に述べてきたような始末に困る友達もいる。心して選ぶべきであろうし、これは「悪寒(あかん)」と思ったら関係を考え直すべきであろう。
現代は勿論、良友に助けられることもあるが、それより得てして悪友に足を引っ張られることも少なくない。 悪徳マルチ商法などはこの典型であろう。

狡い人とは交際を考えるべきであろう。「狡い」と云う文字をみても「けだもの」に「交」わると書く。即ち獣のような人間と交わる人自体が狡くなると云うことであり、「朱に交われば赤くなる」だけのことである・・・・・人を誤魔化したり、騙したり、その時その場を上手くつくろって、相手を倒して喜んで「あっ、儲けた、得した」と舌を出しても、そう長くは喜びは続くものか。反って良心を持っているものは人を欺いた気持ちは何時も晴れぬであろう。それでもよいとしている者、このような者の末路は、柳の下で一人ぼっち、孤独の淋しさに気づいた時は既に遅く、どう仕様もない手遅れでなければ宜しいが・・・・。
とにかく此の世で「地獄の一丁目」とならぬ要(こと)が肝腎である。

三代(私の祖父)が残した六根清浄の大祓詞の中に「莫命傷心神是故(わがたましいをいたましむることこのゆえに)」とあるのは、自己内在の神、即ち己の良心を傷つけてはならぬ、肉体の傷は他人(ひと)には見えて判るが、然し心の古傷は人には見えねど自分が一番知っている。それは自らが、運んできた命であり、運命である。その心の古傷が・・・ちくり、ちくりと、自分を刺して、己自心を苦しめるのである。
故に人間(かみのこ)互いに心、清浄でありたいものである。
人間は誰でも本来、無上に尊く生まれているのである。今一度言い換えれば、人間は誰でも生まれ乍らに宇宙間のすべての知識を持っているのだと言っても過言ではないように思う。

一例を挙げれば、昔日、小さい我が子を連れての墓参の時であった。私の前をヨチヨチと先に行く子がお地蔵さんの前でピタリと足を止め、その方を向き「のうのうさん」と言ったと同時に、もみじのような手のひらをを合わせ・・・合掌したのである。
息子は墓地は生まれて初めて、またお地蔵様と出会うのも初めてなのに・・・。これなどは教えられた智恵ではない。
またお互いが思案に余って苦悩し、懊悩としている時、今まで想像もしなかった良い智恵に思い当たることがある。
此等は全(みな)教えられずに知っている智恵が必要に応じて泉の如く湧いてくる・・・。
悠然として流れる雲、その奥に如何に偉大なる智恵と愛があるのか・・・。
すべては無限であろう大自然の本性、その分霊(わけみたま)として、・・・腐った平和ではなく・・・、自分の一生を献げて惜しまない生き甲斐ある人生、悪誘(あくゆう)を潰す鍾馗(しょうき=勝己)たれ!

~以上 我社 5月 会報原稿をそのまま転載~

|

« 伊勢参拝  ~その3~ | トップページ | 現代の人格者 »

コメント

皆様、こんばんは。
コメント有難う御座います。
失礼ながら纏めてレスポンスさせて頂きます。

>milestaさん

確かにキリスト教の神概念である「GOD」とは一線を画すものであるかも知れませんね。
日本的な教えであるとも言えますよね。
ただ、キリスト教でも神道でも共通項は人が幸せになろうと願って信仰を持つことが大事である、と言う点だと思います。
キリスト教でも様々な在り方が存在しますよね。
何でも前向きが一番。そんな心持ちで素晴らしい世の中にしていくために少しでも貢献したいものです。
有難う御座いました。


>おっかいよさん

初めまして。
お誉めのお言葉を頂戴し、大変恐縮です。
「狡い」ことを重ねていけば、やはりそれなりの報いを受けるのでしょう。それが「因果応報」であり、「信賞必罰」であります。
それと今の現状はこれまでの積み重ねで作り上げてこられたものであると考えています。「偶然は偶然ではなく、必然である」・・・祖父の言葉でもあります。

>>でも、先ずは自分から・・・ですね。そうでないと狡い。

本当にそうですね。(笑) こんなことを偉そうに述べていますが私も書きながら心に留めています・・・。(反省)
有難う御座います。
今後ともどうぞ宜しく御願い致します。


>喜八さん

こちらこそいつも有難う御座います。
喜八さんのログはなるべく時間を作り拝読させていただいております。

>>このあたりは私にも当てはまりそうです(汗)
反省しましょう・・・。

じゃあ共に・・・・。(苦笑)
私も書きながら自分自身を戒めております。(深く反省)
ところでまたTBの調子がおかしい様ですが、いつもお手数をお掛けして申し訳在りません。また様子を見て試してみて下さい。
niftyの方にも問い合わせてみます。
有難う御座います。


>spiralさん

エントリの内容とは重なる部分は少ないとは思いますが、当たらずとも遠からずと思いまして、TBさせて頂きました。
御返事と有難いお言葉を有難う御座います。
spiralさんのブログも時間を作って拝読させていただくようにしておりましたが、なかなかコメントがまとまらず、投稿出来ずにいました・・・。
また時間を作ってお邪魔したいと思います。その時はちゃんとコメントしたいと思います。(反省)
有難う御座います。

投稿: 管理人 | 2006年5月31日 (水) 02時51分

こんばんは、spiralです。
良い話を書いて下さり、ありがとうございました。田舎の神主さんの記事は良いものばかりなので、内容にかかわらずTBして下さってかまいませんよ。
お仕事お忙しいことと思いますが、また記事をUPされるのをたのしみにしています。

投稿: spiral | 2006年5月31日 (水) 02時05分

田舎の神主さん、こんばんは。
じっくり読ませていただきました。
毎度すがすがしい気持ちにさせてもらっています。
(ありがとうございます!)

> 精がない人・・・精根なし、怠け者
> 賞がない人・・・尚も、甲斐なき者

このあたりは私にも当てはまりそうです(汗)
反省しましょう・・・。

ところでトラックバックを送らせていただきましたが、反映されないようです。
また、日を改めて挑戦します。

投稿: 喜八 | 2006年5月30日 (火) 21時40分

お地蔵さんの話、感動しました!凄く良い知恵が浮かぶと、どうしてだか、「あ、やっぱり!」って思いますものね。そのたび、「どうして知ってるのに、知らなかったんだ?」と思い、その可笑しさに、またビックリしてしまいます。
「狡い」という言葉の持つ意味、教えて戴きとても嬉しく思います。私も、狡いことばかりするから、ツケが回って困っている。小さな狡でこの結果だから、大きな狡だと傾城の末路か。狡に狡が応じて、革命や戦争にもなるんでしょう。どれも、どこかで(つい・・・)と自分に許した結果なんでしょうが、誰もがそれを控えることさえできれば、この国の形も相当違ってくるに違いない。でも、先ずは自分から・・・ですね。そうでないと狡い。

投稿: おっかいよ | 2006年5月30日 (火) 10時32分

こんにちは。久しぶりの記事、しみじみと拝読しました。
お祖父様の残された大祓詞のお言葉。これこそ日本的な宗教観ですね。自分のしたことは自分に返ってくるのですよね。

キリスト教の国にいて、私の感覚と違うなぁと感じるのは、
・全てのことは神様によって決められている。
・悪いことをしても懺悔すれば神様は許してくださる。
という教えです。

日本の、自分の心がけや行動で「生き甲斐のある人生」になるか「しょうがない人生」になるか決まる、だから清く生きよう!という宗教観の方が、それこそ「生き甲斐」があり前向きな人生が送れると感じます。
そして、一人一人が清く生きていれば、素晴らしい社会になると思うのですけどね。

投稿: milesta | 2006年5月30日 (火) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/10303148

この記事へのトラックバック一覧です: 生き甲斐のある人生 しょうがない人生:

» 飲ムコト・食フコト・歌フコト [晴耕雨読]
 之レハ敢テ本村民ト云フニアラズ。一般農民ノ娯楽トシテハ、飲ムト云フコト、食フト云フコト、無上ノ娯楽ナリシナリ。今日ニ於テモ然リ。集会ニハ必ズ、食フト云フコト伴ハザルハナシ。尤モ、其ノ飲食タルヤ、質素簡単ナルモノニシテ、互ニ持チ寄ルヲ普通トス。而シテ、飲ンデ食フテ盛ニ歌ヘ盛ニ踊リ跳ネ、其ノ心襟ヲ啓キテ互ニ遠慮ナク喜ビ楽ム状。到底農民以外ニ於テ見ル能ハザル所ナリトス。  カクシテ、一日又ハ一夜ノ快ヲ盡シ、元気ヲ鼓舞シテ翌日未明ヨリ各々其ノ業務ニ從ヒ、当時ノ面白カリシ様ハ中々忘ルル能ハズ。故ニ「祭リノ後... [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 20時20分

» 愛国心 [喜八ログ]
「愛国心」について思うところを、ごくごく素朴に書いてみます。 「国家はなにものにも優先する」という国家主義的な立場を、私(喜八)はとりません。とはいえ、予測可能な将来において「日本」という国がなくなることも望みません。現実問題として「国」を失った「民」を待っているのは悲惨極まりない運命です。それは...... [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 21時34分

« 伊勢参拝  ~その3~ | トップページ | 現代の人格者 »