« 現代と神道 ~その4~ | トップページ | 繁栄と幸福への道 ~その3~ »

2006年9月 6日 (水)

皇孫 秋篠宮家 親王殿下御誕生 おめでとう御座います。

秋篠宮文仁殿下、紀子妃殿下の第三子として親王殿下が御誕生あそばさましたれたことは、誠に慶賀の極み、心よりお慶び申し上げます。

今上陛下まで連綿と125代、皇紀にして2666年の万世一系の御皇統を受け継がれる可能性をお持ちあそばされた親王殿下の御誕生を、この日本に生まれ、この日本に暮らす一国民としてお慶び申し上げ、また皇統の末長きを祈り、寿ぎ奉ります。

元気な産声、喜び分かつ秋篠宮ご一家読売新聞)- 9月6日14時28分更新

|

« 現代と神道 ~その4~ | トップページ | 繁栄と幸福への道 ~その3~ »

コメント

のりさん、こんばんは。
コメント有難う御座います。

興味深い御意見を有難う御座います。

>普段意識しない事をさせる事が出来るのも天皇制の国だからこそとも思うのですが・・・

ここに或る意味、全てが集約されていますね。
誤解を恐れずに言えば、天皇陛下の存在は本質的な不合理なものでありましょう。何故なら、かつての立憲君主の存在意義など合理性の上に成り立っているものなど存在し得ないからです。
それを政府が「安定的且つ合理的な皇位継承」などという論理を持ち出すこと自体が間違いであると思っております。

皇室の御安寧と益々の御繁栄をお祈りしたいと思います。

投稿: 管理人 | 2006年9月21日 (木) 23時51分

あのタイミングと言う点で私は皇室のただならぬ危機感が遭ったと思います。今の政府が改革と言う名で天皇制そのものを破壊を感じ取っていたと思うのです。それを保守と呼ばれる人が支持するのだから呆れますが・・・かつて雅子妃に対して秋篠宮家が皇室の責任の事を言ったとマスコミから流れてきて来ましたがその時から危機感があり又政府に対してもよからぬ予感があったのではないかとそうでないとなかなかあのように見事には出来ないものと私は思うのです。どちらにせよ、普段意識しない事をさせる事が出来るのも天皇制の国だからこそとも思うのですが・・・

投稿: のり | 2006年9月20日 (水) 21時48分

かついちさん、こんばんは。
コメント有難う御座います。

本当に『奇跡』というのはこういうことを言うのではなかろうか、と感激致しました。
皇室典範の改定は確かに必要なものではあろうと思いますが、急ぐ必要もありませんし、男系男子の万世一系の皇統を絶やしてしまうような「改悪」は言語道断でしょう。
ただ、現在の典範では将来、悠仁親王が御位にお就きあそばされることになったとして、その時、悠仁親王は唯一人残された皇族となってしまわれる・・・。それを防ぐためにも以前に皇籍返還、またはGHQによって皇籍を離脱された旧皇族の男系男子の養子縁組や旧宮家の復籍も視野に入れた典範の改正議論が望まれますね。

この度の御出産もそのタイミングから考えて、色々と不思議な偶然にお護りされた皇室ですから、これからも「いざ」というときは神の御加護をお受けになることでしょう。
なんと申しましても、陛下は日本における祭祀の最高峰であらせられますから。

本当に嬉しく、現代にみる奇跡だと思いました。
皇室の末長きを心よりお祈りし寿ぎ奉ります。

投稿: 管理人 | 2006年9月13日 (水) 00時02分

のりさん、こんばんは。
コメント有難う御座います。

本当ですね。
秋篠宮紀子妃殿下の御懐妊はあの法案が上程される直前でした。
そして、親王殿下がお生まれになってから若干、東宮雅子妃殿下が少し気になりますね。
なんだか色々な意味で新しい御心労がお在りだとは思うのですが、マスコミの騒ぎ方も問題がないとは言えず、あまり気に已まれなければと感じております。
少しでも精神的に軽くなっていただければ良いなぁと思っておりますが・・・。

投稿: 管理人 | 2006年9月12日 (火) 23時41分

確かに、あの法案が通っていたら今頃大変なことになっていましたね。親王様が誕生されても愛子内親王が次代の天皇陛下と決まってしまいますから、親である皇太子ご夫妻も内心穏やかではないはずです。でも、神風のようなご懐妊のニュースは、不敬を承知で申し上げれば、秋篠宮ご夫妻が身を挺して法案通過を阻止したとも思えます。あんなにうまく法案提出を断念させたような出来事はかつてあっただろうか。もう少しあのニュースが流れるのが遅かったら、と思うと、鳥肌が立つくらいすばらしいタイミングだったと言えるでしょう。

投稿: かついち | 2006年9月11日 (月) 13時38分

男子が産まれた事はとてもよかったと思いますが、雅子妃が少し気の毒とも思ってしますのも私だけでしょうか?
段取り見ていると皇室が政治から(外国から?)守ろうとしていたように私には見えました。あの法案が採用されていたら今頃大変でしたよ。それ以上に女系・男系の話をしっかり議論しないといけませんね。国民全体の問題ですからね。
それにしても、めでたい事でもありやれやれな気持ちにもなります。

投稿: のり | 2006年9月11日 (月) 09時32分

spiralさん、こんばんは。
わざわざお返事有難う御座います。
いえいえ、ちょっと気が付いたものでお知らせしたまでです。
わざわざ有難う御座いました。

投稿: 管理人 | 2006年9月10日 (日) 23時39分

拙ブログ記事へのご指摘ありがとうございました。自分では一応気をつけてはいるのですが、見逃すこともあり、こうしてご指摘下さるのは大変有り難いです。(本文と関係ないコメントですいません)

投稿: spiral | 2006年9月10日 (日) 11時28分

日々是桜さん、こんにちは。
ご無沙汰して居りました。
コメント有難う御座います。

そうですか。金蓮花ですか。
これは存じておりませんでした。
貴重な情報を有難う御座います。
益々、神に感謝申し上げたいですね。

投稿: 管理人 | 2006年9月 7日 (木) 18時16分

かついちさん、こんにちは。
コメント有難う御座います。

色々とタイミングが重なり、本当に奇跡かと思えるほど、都合良く事が運びました。
今上陛下や我が皇祖皇宗の御徳の賜物で御座いましょうね。
本当に一安心しました。
皆で皇室の益々のご繁栄をお祈りしましょう。

投稿: 管理人 | 2006年9月 7日 (木) 18時14分

milestaさん、こんにちは。
コメント有難う御座います。
本当に感動しました。とりあえず一安心ですね。
新宮様には健やかなる御成長をお祈りしたいですね。 

投稿: 管理人 | 2006年9月 7日 (木) 18時09分

親王さまお誕生おめでとうございます!

皇室の危機、日本の伝統の危機に差し込んだ光明。しかも親王さまのお誕生日の誕生花は「金連花(キンレンカ)」。花言葉はなんと『愛国心』です!神秘を感じずにはいられません。

投稿: 日々是桜 | 2006年9月 7日 (木) 11時12分

秋篠宮殿下、秋篠宮妃紀子殿下 このたびの親王殿下ご誕生おめでとうございます。
まさに両殿下の強いご意志とご希望、ご決断が昨今の暗い日本の未来に一筋の明るい光をお導きくださったと思います。
あと少しであの悪しき皇室典範改正法案が上程され、日本が悪い方向に向かってしまう危険があったところを神のお導きなのか、ご懐妊そしてご出産という奇跡の神風を吹かせました。あの絶妙なタイミングでのお知らせはまさに「神風」を感じずにはいられませんでした。ホントに嬉しいニュースでよかったです。本当におめでとうございます。

投稿: かついち | 2006年9月 7日 (木) 08時21分

本当におめでたいですね。母子ともにお元気そうで、安心しました。

投稿: milesta | 2006年9月 7日 (木) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/11790237

この記事へのトラックバック一覧です: 皇孫 秋篠宮家 親王殿下御誕生 おめでとう御座います。:

» 『コノハナサクヤヒメ』 西野綾子・文 阿部 肇・絵 [本からの贈り物]
コノハナサクヤヒメ阿部 肇、西野 綾子 他 (1989/08)ひくまの出版この商品の詳細を見る 秋篠宮家に親王殿下がお生まれになった。紀子妃殿下のご懐妊のニュースを聞いたときも、お生まれになったのが親王(男の子)だと聞いた... [続きを読む]

受信: 2006年9月 7日 (木) 00時35分

» 秋篠宮妃紀子殿下、親王殿下ご出産 [新・へっぽこ時事放談]
今日はこの御慶事に尽きますね。母子ともにお健やかに、親王殿下がご誕生になりました。心よりお祝い申し上げます。以下、ニュース記事の引用です。 紀子さま、男のお子さまご出産 ※ご出産に備えて愛育病院に... [続きを読む]

受信: 2006年9月 7日 (木) 02時52分

» 新宮さまと「アマガツ」 [びーちぇの「ヲシテのクニ」]
親王殿下のご誕生を心からお祝い申し上げます。 朝からつつがなきご誕生をお祈りし [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 06時05分

» 驚き [のり市民の世界観]
あるサイトで小泉氏礼賛のサイトに目を通したのですが、私にはどうしてそのような発想になるのかよく分かりませんでした。(^ー^*)ゞ 又普通のサイトでも小泉手法を評価する理由が私にはよく理解出来ませんでした(^ー^*) 例... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 00時04分

» 三位一体財政改革の狙い [晴耕雨読]
「財政危機」が叫ばれるなか、「自助努力」や「地方分権」が声高に主張されている。 「自助努力」の中身は、消費税率引き上げ・健康保険適用治療費の“3割負担”・年金保険料の持続的な負担増と給付減などであり、予定されている消費税を主たるターゲットにした増税や社会保険のさらなる負担増である。 「地方分権」の中身は、地方自治の強化を建前とした、地方自治体を犠牲にした政府部門の“見掛けだけ”の財政改革である。 【財政問題】責任のツケをダブルで国民に回し、自分たちだけは有能なフリができる条件をつくろうとしてい... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 20時14分

» 親王殿下ご誕生をめぐる「花」についての三つのお話 [本からの贈り物]
親王殿下ご誕生をお祝いして『コノハナサクヤヒメ』の本を紹介したら、その後「花」に関する出来事が起こり、「花」に関する良い話題も見つけたので、ここに記しておきたくなった。 桜と桃  日本が秋に入ったこの時季、... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 00時37分

» 日本経済をさらに泥沼に押し込め税収も減らす愚かな税制変更 [晴耕雨読]
 増税が、必ずしも税の増収に結びつくわけではない。 経済成長促進目的の税制変更が、必ずしも経済成長をもたらすわけではない。  過剰な政府債務に陥った大きな要因は、長期にわたる「デフレ不況」である。 諸悪の根源である「デフレ不況」を解消することが財政改革を推し進めるための絶対条件であり、それに貢献する税制変更でなければ増収も実現できず、財政改革を成功させることはできない。  税制改正の目的が達成できるかどうかは、思弁的な予測や期待を持ち出さなくとも、ここ10数年のあいだに行ってきた税制変更と国民経... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 01時17分

» 実質GDPの怪 [晴耕雨読]
 内閣府の公表する実質GDPの数字が実感から乖離している原因として、輸入物価の上昇が影響している。GDPは内需項目に輸出額から輸入額を差引いた純輸出額をプラスして算出する。昨年度は、名目の純輸出額が6兆3500億円と対前年度比で28.8%減少している。ところが実質値では純輸出額は16兆3800億円と18.9%の大幅な伸びになっている。  これは輸出価格が2.6%上昇したのに対して、原油高などによって輸入物価が11%も上昇したからである。つまり輸入品のデフレータが大くなったため、デフレータで割り返し... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 16時19分

« 現代と神道 ~その4~ | トップページ | 繁栄と幸福への道 ~その3~ »