« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月21日 (土)

大雄山 最乗寺

今月の上旬に第4子が誕生し、私事でも多忙な折ではありましたが、職員と総代の方々とで、毎年の恒例行事で神奈川県南足柄市にある、大雄山最乗寺に「お籠もり」へ行ってきました。

今回で61回目を数え、一番古くから来られている総代の方ではもう42年も続けて来られてらっしゃいました。

ここでは毎年、御供式(ごくうしき)を奉納し、翌朝にはおつとめ、大祈祷を致します。

勿論、こちらはお寺さんですから「仏教」であります。

私達、神道に帰依する「神職」がそこへ「お籠もり」するのも妙な話のように聞こえるかも知れませんが、この日本は「神仏習合(混淆)」の国でもあります。

元来の考え方からするならば、「神道」と「仏教」は切り離して単一の物として考えることは不可能なことであり、歴史的な文脈から考えてもそういう側面が垣間見えます。

この最乗寺においても、朝の大祈祷を行う「真殿」には「御神鏡」があったり、「真殿」だけでなく「本殿」にも榊が活けてあったりと、本来仏教では有り得ない、神仏混淆の色彩が見られます。これは唯の推測になりますが、「真殿」ももしかしたら、かつては「神殿」と書き表されていたのかも知れません・・・。

そんな様々な憶測に、この国の精神性の変容を想像を付け加えながら色々なことを考えていました。現代的な価値観や、その価値観を支えている「合理性」というものについて、深く思考を巡らしていました。これについてはいずれまとめ上げ、出来ればこのブログ上でもアップできればと思っています。

ちなみに「御供式」は夜に行うのですが、ものすごく神秘的な式であります。

諸般の事情で多くは語れないのですが、少しだけお話しすると、「目隠しをした僧侶が頭にお供え物を載せ、ものすごい勢いで階段を昇っていって御供えをする」のですが、ハッキリ言って「一見の価値」があります。

今年は一度も雨が降らず、参拝には適した気候でした。

が、この「御供式」を見るときはその日に一度雨が降っていると、空気が湿った感じでものすごく幻想的な雰囲気になるのです。そういう意味では少し残念でありました。

然し乍ら、この忙しさの合間にもこうして参拝させて頂ける有り難さをこの身に感じることが出来ました。

日常の雑事、雑念から離れてこの聖性に触れ、少し頭の中もすっきり出来ました。

たまには通常の参拝だけでなく、こういった修行的な経験も良いですね。

私は年に一度で充分ではありますが・・・・。(苦笑)

更新のペースが滞っておりますが、出来る範囲でこれより前のエントリについても続編を書いていきたいと思います。今回は少し余談でした。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2006年10月10日 (火)

第4子誕生!!

ん・・・・?

昨年も同じような時期に似たような事を書いていた記憶もありますが・・・。(苦笑)

まあ、余り細かいことは気にせずに・・・・・。

御陰様で第4子が無事に誕生いたしました。

此の処、ブログの方を更新する時間もとれないほど仕事が多忙を極めておりましたが、そんな合間に昨年同様、一ヶ月早く家内の出産と相成りました。

私自身と兄弟構成が同じように子供を持つことが出来、大変嬉しく思っております。因みに私自身は四人兄弟の末っ子であり、兄が二人、姉が一人居り、順番は男、女、男、男なのです。これと年齢の間隔は違いますが同じ構成であります。

昨年とは状況も打って変わり、私の仕事環境も多岐に広がりを見せ、神職という職業基盤から様々な形で仕事をさせて頂いて居りましたが、その中での我が子の誕生というものはまた格段の悦びでもあります。

然し乍ら、これまた昨年同様、家内の偉大さに感服しております・・・。

仕事の多忙を言い訳にしてはいけないとは思うのですが、上の子供達の保育園の支度や、私自身の服の場所、自宅の各種公共料金の支払い等々・・・。判らないことが多すぎまして・・・・。

そして子供も相変わらず、何かがあれば

「お母さんは??」

うーん・・・・。やはり父の威厳が・・・・・。(汗)

現代の日本を取り巻く様々な環境の中で我が子達が、また多くの方々が幸せに生きていく社会、国創りを、我々の手でしていかねばならない、そんな中で後世に対する先人としての責任をしっかりと果たしていきたい、その上で父としての威厳を回復・・・・・もとい(笑)、親として子を映す鏡でありたい。

そんな風に改めて感じました。

そして妻と子供達、更に10月3日に産まれた我が子に改めて感謝の気持ちを述べたいと思います。

有難う。そしてこれからも宜しく。

そしてこのブログで御縁を頂戴した皆様方にも日々の感謝を申し上げます。

本当に有難う御座います。そして、これからもなお一層のご厚情を賜りますようお願いを申し上げます。

書きたいことが山程あります。が、今日はこの辺りで・・・。

また順次、時間を作り更新をして参りたいと思います。

| | コメント (15) | トラックバック (4)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »