« 「根」と「元」と「情」と感謝報恩 | トップページ | 新年明けましておめでとう御座います。 »

2006年12月31日 (日)

年末のご挨拶

拙ブログをご覧になった皆様方、コメントやトラックバックを下さった皆様方、今年一年大変お世話になりました

私自身、本年は公私ともに有難いことに多忙を極め、様々なお役目や役職を賜りまして、ブログの更新が滞る事も多くありましたが、多数の興味深いコメントや大変勉強になるトラックバックをお送り頂きましたことは感謝の念に堪えません。

一年間有り難う御座いました。

来年も本年と変わらぬお引き立て、御厚情を賜れれば幸いと存じます。

皆様方に於かれましては無事、良き新年をお迎えになりますことを切にお祈り、お願いを申し上げます。

|

« 「根」と「元」と「情」と感謝報恩 | トップページ | 新年明けましておめでとう御座います。 »

コメント

mergeさん、明けましておめでとう御座います。
旧年中は色々お世話になりました。

もう一件のコメントの方は削除させて頂きますね。

URLの方は後ほど拝見させて頂きます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: 管理人 | 2007年1月12日 (金) 01時50分

田舎の神主さん、

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: Merge | 2007年1月11日 (木) 15時13分

spiralさん、明けましておめでとう御座います。
旧年中は色々とお世話になり、有り難う御座いました。
またお気遣いを頂きまして大変恐縮致しております。
今年もマイペースで更新していこうと思います。
まだ寒い日が続きます。
spiralさんもどうぞお体の方御自愛いただきます様、お願い申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: 管理人 | 2007年1月 6日 (土) 17時48分

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
この時期は田舎の神主さんは大変忙しくされていることと思います。お体気をつけて下さいね。またブログを更新されるのを楽しみにしています。

投稿: spiral | 2007年1月 4日 (木) 13時52分

かついちさん、のりさん、明けましておめでとう御座います。
旧年中は色々とお世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

かついちさん、こちらこそ色々と為になる記事をTBしていただきまして有り難う御座いました。
今年もかついちさんにとって素晴らしい一年となりますよう、心より御祈念申し上げます。

のりさん、今年もブログにはお邪魔させて頂きます。
また切れ味の鋭いご意見を拝聴したいと思います。
神社のお参りのことや神道について、今年も記事にして参りたいと思っておりますのでまた覗きに来てくださいね。
のりさんにとっても今年一年が素晴らしい年となりますよう、心より御祈念申し上げます。

投稿: 管理人 | 2007年1月 4日 (木) 00時20分

昨年は大変お世話になりました
本年も私の勉強不足の点のブログに書いていただけると幸いです。特に神道についての話は勉強になり近所の神社に行った際には、同行者にしたり顔で説明していますヽ(^ー^)ノ
本年も宜しくお願いします

投稿: のり | 2007年1月 2日 (火) 12時14分

あけましておめでとうございます。
旧年中はいろいろと勉強させていただきありがとうございました。
昨年はいろいろな方との出会いをいただき、私の生活もより充実したものにしていただいたことを神様に感謝申し上げたい、そんな気分です。
本日初詣で昇殿参拝し、神々のご加護をいただき、今年一年の幸福と健康を祈願して参りました。
皆様にとりまして、また神主様にとりましてもよき平成19年でありますようお祈り申し上げます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: かついち | 2007年1月 1日 (月) 17時35分

喜八さん、milestaさん、明けましておめでとう御座います。
コメントとTB有り難う御座います。
旧年中はお二方とも大変お世話になりまして有り難う御座います。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

喜八さん、あの時は本当に災難でしたね。
全く困った方々がいらっしゃるものでブログの運営も大変であろうと胸中をお察し致します。
喜八さんのコメント欄が閉鎖されたことは残念でしたが、こうやって御縁を持ち続けることが出来て有難く思います。
今後とも宜しくお願い致します。

milestaさん、私の方こそ、とても勉強になりました。有り難う御座います。
たくさんの良書もご紹介頂きまして感謝しております。
畏れながらmilestaさんのコメントに触発されたことも多く、私自身の励みにもさせていただきました。
今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 管理人 | 2007年1月 1日 (月) 02時20分

今年も、とても有意義な記事を読ませていただきました。有難うございます。赤ちゃん誕生という嬉しいニュースもあり、私まで喜びのお裾分けを頂いた気分になりました。
また、拙ブログにも本を紹介してくださったり、ご教示いただいたりして感謝しております。
また来年もよろしくお願いいたします。

投稿: milesta | 2006年12月31日 (日) 23時08分

田舎の神主さん、こんばんは。
今年も大変にお世話になりました。
特に(私が)困っているときに親切にしていただいたことは忘れておりませんよ!
その節はありがとうございました。
それでは、よいお年を!

投稿: 喜八 | 2006年12月31日 (日) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/13278540

この記事へのトラックバック一覧です: 年末のご挨拶:

» ごあいさつ [本からの贈り物]
今年六月にブログを開設して以来、たくさんの皆さんにご訪問いただき、有難うございました。 記事の内容よりもコメント欄の方が有意義な事が書かれていたり、楽しい話題を提供してくださったり、いろいろなことを教えて... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 23時09分

» あけましておめでとうございます [新・平成徒然草]
平成19年、あけました。 今年もどうぞ宜しくお願いいたします。 昨年の日本の社会はさまざまな混乱や人心の不安の多い年でした。 また戦後教育の矛盾が一気に噴き出し国民に問題提起した波乱の年だったと思います。 漢字一字... [続きを読む]

受信: 2007年1月 1日 (月) 17時36分

» 皇室典範改正最終報告書、白紙撤回へ [新・平成徒然草]
安倍首相、女系天皇容認白紙へ 典範改正視野に議論  安倍晋三首相は、政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大総長)が平成17年にまとめた、象徴天皇制の維持を目的に女系皇族にも皇位継承権を認めると... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 15時33分

» 「デフレ不況」を克服しないで「財政危機」を克服することはできません [晴耕雨読]
>税制・通貨発行量・貸し出し量・利子率を操作することで、個人や企業の収入を変動させ、ひいては政府の歳入を変動させることができる立場なのです。 貴殿のお考えがこの一文に凝縮されていると思われます。 完全な過誤ではありませんが、これらの政策実施が時代を問わず常に通用する永遠の真理であるかのようにとらえられては困ります。 ご案内の通り、90年代から00年代初を通じて減税、公共投資の増強、金融調節・量的緩和、とありとあらゆる政策メニューを実行し、見るべき結果なく現在に至っております。 事ここに至ってよ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 22時33分

» 天皇家の家計 [新・平成徒然草]
昨日ある皇室関連の本を読んでいたら、「天皇家の家計」について事細かに書かれていたので、このブログで少し紹介してみようと思います。少しといいながら長くなったら申し訳ございません。少しでも多くの方々に皇室のこと... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 20時55分

» 天皇家の家計 [新・平成徒然草]
昨日ある皇室関連の本を読んでいたら、「天皇家の家計」について事細かに書かれていたので、このブログで少し紹介してみようと思います。少しといいながら長くなったら申し訳ございません。少しでも多くの方々に皇室のこと... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 21時07分

» 『嵐の中の灯台―親子三代で読める感動の物語』 小柳 陽太郎、石井 公一郎 他 [本からの贈り物]
嵐の中の灯台―親子三代で読める感動の物語小柳 陽太郎、石井 公一郎 他 (2001/01)明成社この商品の詳細を見る 小学校の頃は、進級すると新しい国語や道徳の教科書をもらえるのが嬉しかった。お話がたくさん載っているからだ。し... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 06時57分

» 微温主義の反撃(前編) [晴耕雨読]
アグレッシブなレスありがとうございます。 率直に言って、微温主義の先に過激主義を持っています。 しかし、現在において過激主義と受け止められる内容も、実施段階では、微温主義の積み重ね過程で微温主義の内容になっているものだと考えています。 過激主義が必要だと考えている基礎は、『【世界経済のゆくえ】 「定常状態」あるいは「歴史段階的動態均衡」という経済状況』( http://www.asyura.com/2002/hasan12/msg/1190.html )で簡単に触れた「国民経済が恒常的な均衡状... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 18時57分

« 「根」と「元」と「情」と感謝報恩 | トップページ | 新年明けましておめでとう御座います。 »